死の原因:暴力

マリオ・パシオラは平和維持軍に支援するためにコロンビアに行きました。そして、彼はそこで亡くなられました。彼の友はこう言いいます、「誰かが彼を殺した」。コロンビア南部の都市であるサン・ビセンテ・デル・カグアンは首都のボゴタから道のり700㎞近く、288㎞の距離が間にあります。カグアンではマスクはともかく、軍服もゴム長靴までも日常の一部であります。世界は現在今パンデミックを経験しています。しかしながら、暴力と災害は前からずっと存します。特有の問題で史実でもあります。マリオ・パシオラはこの問題を抑えようとして国連コロンビア人権監視任務へボランティアしました。7月15日、彼は首がつって、手首が切られたままサン・ビセンテ・デル・カグアンの住宅で見つけられました。死亡証明書によると死の原因は:「暴力」。地方の警察は自殺だと述べたが、マリオの知り合いはその立論を疑います。クラウディア・ジュリエッタ・デュケ、コロンビアで名の通った操作ジャーナリストは事件を分析した後ツイッターにこれをのせた:「マリオは死んだのではない。マリオは殺された」。パシオラはイタリアの市民であったうえこの事件は国際的な合併症であります。

                                                                                              国連の沈黙
平和を求めながらコロンビアで人が殺されるのは長年続いています。殺人事件の数は依然として増加しており、犯人はほとんど処罰されてはいません。今になって、コロンビアの歴史において初めて国連の従業員が殺害されました。国連は従業員の死のことに関するコメントをしていないままこの事件の状況はまだ明確にされていません。この事実に照らしてコロンビア平和維持の危険性が明らかとなります。政治アナリストギアコーモ・フィンジは国連の沈黙がどれほど平和維持に伴う失敗を証明していると語りました。パシオラは2018年からカグアン地域で国連コロンビア人権監視任務(UNVMC)に勤務していました。 UNVMCの使命は、FARC遊撃兵とコロンビア政府との間の2016年の平和協定の実施を監督することであります。パシオラはこの地域をよく知っていました。彼は以前、コロンビアのNGO Peace Brigades International(pbi)のボランティアとして2年間働いていました。現在、彼がキャンペーンした人権擁護家が所属する組織は、彼に正義を要求しています。彼の友人は、パシオラを理想主義者な人だったと話します。彼の母親のアンナ・モッタは彼を「素晴らしい世界旅行者」と呼びました。33歳の彼は、コロンビアに向けて再び出発するために、去年のクリスマスの直後に彼の故郷のナポリで両親と姉妹に別れを告げました。彼は7月20日に帰国する予定でありました。パシオラは、明らかに彼の安全を懸念して、この日付まで飛行を進めました。「彼が去ったとき、マリオは落ち着いていた」と母親はラ・レプッブリカという新聞で引用しているが、サンビセンテ・デル・カグアンでは、残念ながら彼が特定しなかった人々や状況と接触した後彼の苦悩が始まっていました。モッタは、彼女の息子が7月10日から非常に心配していたと新聞に話した。いくつかのスカイプ会話で、彼は非常に緊張し、非常に恐れていると述べました。したがって、彼女は彼が彼の死の数日前に彼女に彼が人道主義の帰りの飛行のための数少ないチケットの一つを受け取ったことを彼女に知らせたとき嬉しかったと言いました。 7月15日、パシオラは長く旅行することになり、パンデミックによって引き起こされた制限により、ボゴタへの飛行に時間のかかるルートが彼の飛行を待つことになりました。しかし、それは彼が死んでいるのが発見された日でありました。彼がサンビセンテに住んでいた家は、警察署からほんの数区画だ。写真は、白い正面と装飾された鉄格子の窓があるシンプルな2階建ての建物だ。ベランダは通りまで伸びており、両側の区画は空いている。しかし家の壁は薄くなければならない。なぜなら家主と隣人がコロンビアの日刊紙エルティエンポに伝えられるところではパシオラが夜に予定されている出発の10時から11時までの間にイタリア語で誰かに大声で動揺していたと語ったからだ。クラウディア・ジュリエタ・デュケは、El Espectadorの投稿で、マリオがWhatsAppで最後にオンラインでいたのは、14日の夜10時45分であると述べている。死亡診断書によると、彼の死亡は午前2時頃に発生した。国連のエンブレムが付いた白いSUVが午前中に引き上げられてパシオラを手に入れるまで、誰も何も気づかなかった。「彼は戸を開かなかったので、私たちは彼の家主にそれをするように頼みました。彼が死んでいるのを見つけたとき、私たちはすぐに警察に電話しました」とエル・ティエンポの目撃者は言った。地元の警察によると、電話は朝9時頃に来た。他のコロンビアの新聞は、パシオラの遺体が「手に切り傷があり、絞首刑にされた」ことが判明したと報じており、代わりにセマナ新聞は「いくつかの刺し傷」と書いています。コロンビアの検事総長であるフィスカリアからの証拠が、事件を直ちに引き継いだ。それ以来、政府機関は沈黙している。国連ミッションはパチオーラの死に失望を表明し、内部調査を発表した。UNVMCの広報担当者は、コロンビア当局とイタリア大使館と緊密に連携していると弊社に伝えた。国連からはこれ以上報告はない。剖検の結果は事件の二週間後、依然発表されていない。当局は、家族がイタリアの法医学者の存在を主張したため、パンデミックによる困難な状況だけでなく、外交上の複雑さも原因としてこれを謝罪している。訴訟は現在、コロンビアの法執行当局の特別部隊が担当しており、主に当局、外交要員、または人権擁護家の死を調査している。

 

軍の砲撃

コロンビアの平和は脆弱です。 NGO Indepazによれば、2016年の和平合意以来、200人以上の元ゲリラと約1,000人の活動家が殺害された。パシオラが配備されたカグアンは、特に危険な地域の1つです。歴史的に、麻薬栽培地域と輸送ルートを構築したのは、ゲリラの戦利品である。今日、和平合意を放棄したいくつかの遊撃兵がこの地域の占領のために戦っている。サンビセンテでは、パシオラの死について誰も話したくない。地域を知り、匿名を希望する専門家は、元のゲリラが新たに違法な事業に関与したとされる疑いがあるが、これは他の専門家によって論争されており、経験的に証明されていない。パシオラはそれについて聞いたことがあるかもしれないと彼は言う。元戦闘機を民間人の生活に連れて行く国連は、このトピックについてコメントしていない。パシオラの知り合いは、特に困難なトピックについて、何度か彼の不快感を表明していると言い:和平プロセスにもかかわらず、コロンビア、特にカグアンのような紛争が起こりやすい地域では未だに一般的な未成年者の強制募集が深刻な問題である。1つの出来事はパシオラにとって特別な意味を持っていた:2019年8月の終わりに、コロンビア軍はサンビセンテデルカグアンの南東約80キロのジャノスデヤリにある反体制派のキャンプを爆撃した。少なくとも8人、いくつかの目撃者は18人までの青年が死亡したという話をした。目撃者によると、爆撃を生き延びた負傷者と非武装の子供たちの一部は、その後まもなく到着した軍によって処刑された。パシオラの友達でもだった操作ジャーナリストのクラウディア・ジュリエタ・デュケ氏は、コロンビアのエルエスペクタドールという新聞で、この事件で彼が国連に消極的だったことにどれほど恐ろしかったかを説明している。パシオラは、被害者の家族の強制退去や親族の殺害など、攻撃に関連する他の出来事を記録した。爆弾によりコロンビア国防相は辞任せざるを得なかった。しかし、国連は、3か月にわたる報告書で、「物議を醸す空襲」と呼んだものについての短い段落のみを取り上げた。La Repubblicaが報告するように、パシオラは彼の母親に最近の電話で彼のマネージャーとの議論について話した。彼は大きな問題を抱えていると思ったと彼は言った。「ママ、私はナポリに戻らなければならない、汚れた気分だ。絶対に戻ってナポリの水に浸かなければならない。」 UNVMCもこれについてコメントしていません。ジャーナリストのデュケは、彼の上司と話すことがパシオラの「模倣された自殺」を引き起こしたと疑っています。匿名を希望する他の2人の専門家も、砲撃と強制徴用に関するパシオラの研究が彼に圧力をかけた可能性があると信じています。ナポリの自宅で、彼の母親は言う:「あなたは彼を殺した」。


                     認識を高めるための記念碑
パシオラの死は、特にソーシャルメディアで、イタリアに大きな憤りと悲しみを引き起こしています。ローマの議会は「緊急質問時間」を召集しました。ルイジディマイオ外相は、事件の明確化に取り組むと発表した。ナポリでは、デモ隊が市庁舎のバルコニーにあるパシオラの写真付きのバナーを広げました。腐敗防止の元検察官でかつての欧州議会の議員であったルイジ・デ・マギストリス市長は「マリオの真実」を求めました。パシオラの友人たちは、政治的圧力をさらに高めようとしています。彼らはイタリアの外務省に死の状況自体を調査することを望んでいます。 60,000人がすでに請願書に署名しています。木曜日の夜、ナポリの都市公園で公共の記念が計画されています。 パチオーラの友人は、最1,300人の参加者が説明と正義を要求することを期待しています。

LANGUE

ステファン クローナ―

 


情報源:zeit.de
出版日付:7月30日2020年
URL: https://www.zeit.de/politik/ausland/2020-07/kolumbien-mario-paciolla-caguan-vereinte-nationen-gewalt/seite-3

「記事」に戻る

circled-left.png
Ce site a été conçu sur la plateforme de création de sites internet
.com
. Créez votre site aujourd'hui.
Commencez